MYROAD HP
論文
 

1
 歩行中の足の動きに対する靴の影響

歩行中の足と足の動きに及ぼす靴の影響 山本澄子 DR 1)、渡辺裕2)、薄井博2)、

早川康之RPO 3

l)東京都義士装具研究所2)株式会社渡辺

3)早稲田医療学院

概要

本研究の目的は足の運動が歩行に及ぼす影響を検討することである。普通の被験者8人の歩き方は、靴なしで、柔らかい靴底の室内靴を使って、そして各被験者の足にフィットする靴を使って測定した。歩容は三次元運動分析システムおよびフォースプレートによって測定した。より低い、丸太およびフィート、床の角変位

反力と関節モーメントを計算した。

靴の違いは、足首関節周囲の床反力による反転の反転角度とモーメントの大きさに影響します。後期姿勢で外転を示した被験者は、適切な靴を履いたときに逆転を示した。

適切な靴は歩行中の足の内在筋の不十分な活動を代用すると思われる

キーワード:靴、正常な歩行、逆転、関節の瞬間2

2

はじめに

靴の影響がよく知られている

患者だけでなく一般の人の歩行も

足に問題はありません。靴の効果がされている

多くの研究者による研究

歩行中の圧力分布12)。最近

圧力分布と快適感の関係

カジュアルシューズでの調査B)。その他の研究者

ヒールの高さ45)と衝撃

ハイヒール歩行中6)。これらの研究では

測定は、によって表される部分的な力に制限されていました。

圧力分布

 

著者らは、痛みを改善する多くの人々を見ました。

腰と膝の関節から適切な靴を

靴作りやフィッティングの経験。それどころか私たちも

肉体的な問題を悪化させる人々を見てきました。

不適切な靴があるHullex Valgusの例。専属性

..足。

しかし、それはの動きに非常に重要です

これらの中で靴による通常の動きに従う各対象の足

ケース。この観点から、被験者のgitを測定しました。

三次元運動解析システムによる靴付き

歩容に対する靴の影響を調べた。被験者は8人でした

下肢に問題がない普通の人。歩容

靴なし、靴あり 各被験者に合った足の動き下肢を測定した。床の反応検討および評価手順 調査。

3

方法

三次元運動分析システム(Oxford MetricsVicon 370)およびフォースプレート(Kyowa DengyoEFP386AS)を使用した。

反射マーカーは両方の肩、両方の腰に付けられました

関節(上大腿骨転子の上1cmおよび2cm前方)、左膝関節の外側および内側(脛骨内側プラトーの上2cm)、ならびにくるぶしの上部および第1および第5中足骨頭ならびに左足のつま先の両方図1に示されている。

健常者の左右で差がないように思われるため、左脚の動きを測定した。

靴のない歩幅、部屋の靴、ゴム製の柔らかい靴底、および各被験者に適した靴(基本靴と呼ぶ)を測定しました。各被験者の足の可動域を手で調べ、通常の可動域が得られる基本的な靴を市販の靴の中から選択した。靴の外観は

2に示す。シューズマーカーで測定中

靴を履いていましたが、靴と足の間に隙間がないか確認しました。ケイデンスに関する指示など、指示は測定中に被験者に与えられませんでした。

対象は、1944歳までの8人の健康な人、男性4人および女性4人であり、それらの足には病的障害はない。

最初は足の静的剛性は

手で調べます。また、背屈や足底屈の程度など、足首関節の受動的な可動域

そして、反転度および反転度をaによって測定した。

ゴニオメーター。図3は、可動域の結果を示しています。

4

すべての科目横軸は、左から右に調べた剛性の順に並べられた各被験者を表す。男性の被験者の足は女性の被験者の足よりも硬い傾向があり、そして柔軟な足は足底可動域および反転において広範囲の運動を示した。説明の便宜上、以下の8人の被験者は、硬直した足Cの被験者A)、中足の足Cの被験者B、C、D、E、F)、および柔軟な足(被験者G、H)のような3つのグループに分けられた。

3.結果

体幹と骨盤の回転および角

膝、足首、および膝の軸の変位

中足関節矢状面、冠状面、および横断面は、各セグメントの両側に配置された反射マーカーの位置から計算された。シャンクと足の縦軸周りの回転角度も計算した。床反力による膝関節と足首関節まわりのモーメントは位置データと床反力データから算出した。全てのデータは、踵接触時に始まった歩行周期によって正規化した。

4は、2人の歩行中の冠状面における、マリオラスの両方のマーカー間の線によって定義される足首軸の重ねられた角変位を示しています

靴のない被験者。ここに示した4つのステップは

連続測定では得られない、再現性

非常に多くのデータがあります。したがって、以下の歩容データはすべて48歩の平均データです。

上記のすべての歩容データについて、足の回転

 

 

 

 

 

5

被験者間の最大偏差を示した。足首と中足関節の軸は、図に示すように各関節の両側に付けられたマーカーの位置によって定義されました。

図5aに示すように、2つの軸の相対角度を計算した。

足は非常に多くの関節で構成されているため、足の動きを1つの軸を中心とした回転で表すことは困難です。の

ここで計算された角度は反転のおおよその値です

足首関節の外転。逆転反転回転は、距骨下関節で起こる。正確な逆転を計算するためには足の各部分に多くのマーカーを付ける必要がある7)。しかし、マーカーを置くことは困難でした

まさに靴の表面にあるので、上記の単純な回転を採用しました。回転のゼロ値は

立っている間の値とプラスの値は逆転を示します。

図6は、硬い足を有する被験者、中足を有する被験者、および柔軟な足を有する被験者の反転反転の結果を示す。裸足の結果、室内の靴、基本の靴はそれぞれ点線、破線、実線で示されています。硬い足は、図Baに示すように、任意の条件で中期から後期の立脚期の間に反転方向に回転する。中立姿勢時の中足の回転角度は、

素足と室内靴の場合、反転が発生します。

彼がベーシックな靴を履いていた時。この現象は、足が中程度の他の被験者の間でも観察されました。の回転

彼女が靴なしで歩いたとき、柔軟な足は非常に大きいが、それは図6cに示すように靴によって制限されている。

7は、その周りの回転モーメントの結果を示しています。

床反力による足の縦軸。

6

図5bに示された足の長手方向軸線は全て、足首および中足関節における外側および内側マーカーの中点を結ぶ線によって定義された。床反力による回転モーメントは、この軸を中心に計算されています。プラスの値は床の反作用の方向を示します

力は足を裏返すように作用する。硬い足の結果

図7aに示されるように、中期から後期スタンスの間の大きな反転モーメントを示す。これは、後期スタンスにおける圧力中心の横方向位置によって引き起こされる。

中間足の結果は比較的小さい大きさを示し、それは減少します

靴を履いている場合。この現象は

足が中程度の他の科目。柔軟な足のモーメントの大きさは立脚期を通して小さく、それは圧力の中心が足の縦軸の下に位置していることを示しています。

4.ディスカッション

ここで得られた結果は図8に概略的に示されている。靴の効果は硬い足の場合には明白ではない。

しかし、床反力が足をひっくり返すように作用するモーメントの大きさは、被験者がいるとき著しく減少します。

中間と柔軟な足で基本的な靴を履いていた。メイン

この減少の理由は、中期から後期の姿勢の間に足の長手方向軸に向かって圧力中心が移動することである。

立脚期における足の役割は、最初の立脚時の衝撃を吸収し、押し出し時に足底屈筋の筋力を床に伝達することです。したがって、足は初期姿勢では柔軟で、後期姿勢では硬いという2つの対立特性を必要とします。

 

 

 

 

 

 

7

そのような特徴を得るために、中期から後期の姿勢の間の内在筋の活動は足を安定させます。

足がレバーの働きをしてスムーズな押し出しを容易にします8)。に

この研究では、中間および柔軟な足を持つ被験者の内在筋の活動は、硬いてこを作るには不十分であるように思われます。言い換えれば、内力は足をひっくり返すように作用する外部床反力に抵抗するのに不十分である。後期姿勢での外転は、第1中足関節に過剰な負荷を引き起こす。

それは足と足の過度のゆがみを引き起こし、その後全身の争いを悪化させるかもしれません。逆に逆転が起こる

足を裏返すためのモーメントが減少するため、被験者は中期から後期の姿勢の間に基本的なスヌースを着用する。基本的な靴は、足を硬くする内因性の筋肉の役割を代用すると言われています。

/

ここで得られた結果から、中期から後期の姿勢の間の足の反転反転運動は靴の特性によって影響されることが明らかになった。靴を用いて歩行を評価することは有用かもしれない。我々は他の被験者の歩行を測定し、骨盤や体幹のような上半身の動きに対する靴の特性の影響を調査するつもりである。

参考文献

1)ヤングMJ、カヴァナP R、トーマスG、ジョンソンM M、マリーH、ボールトンA JM。糖尿病患者における動的足底圧に対するカルス除去の効果。 Diabetic Med 19929 55-57

2Chantelau E. Tanudjaja T. Altenhofer F. Ersanli Z. Lacigova S.Metzger C.アナトリオティック治療、合併症のない神経障害の治療

8

糖尿病における前足部潰瘍。管理された道、Diabetic Med 1996 13156-159

3Jordan CBartlett R.カジュアルシューズにおける圧力分布と快適感、GaitPosture1995 3。第4号、215220

4Trevino S G.太さ、トウモロコシ、および仮骨、3Soames R WClark C. Heel height歩行中に中足骨の負荷パターンに変化が生じた。 InBiomechanlcs IX-Sシャンペーン、イリノイ州:ヒューマンキネティックスプレス、1985年、7 447450

5Gastwlrth B WO'Brien T DNelson R MManger D CKindeg S A.さまざまなヒールの高さの靴における足の機能の筋電図検査。 J.Am。 Podiatr Med Assoc 1991年。 81463  -  372

6)Voloshin AS、LoyDJ.高ヒール歩容から生じる衝撃波の生体力学的評価および管理:I-時間領域研究、Gait&Posture、1994年2。 No.211712

7)Scott SH、Winter D.A.歩行の立脚期における人間の足の運動学および運動論の生体力学的モデル、J.Biomechanics 1993Vol.26、No.9、10911104。

8)マンR、インマンV T、構造と機能、足の外科、C.V Mosby Company1965

8